着物を着て行くことができる京都の観光地12選!
着物| 2021.04.15

京都旅行の中で、人気となっているのが着物での京都散策です。日本の古都、京都は他の観光地と比べて、昔ながらのスポットが多く着物との相性が良い点が魅力です。
そのため着物レンタル店も多く、気軽に着物が楽しめます。観光スポットの多い京都ですが、その中でも着物で散策するのにおすすめの観光地を厳選してご紹介します。
春夏秋冬、どの季節でも楽しめる観光地をピックアップしているので、ぜひ京都で着物散策する場合は、参考にしてみてください。

着物を着て行くことができる【祇園・東山エリア】の観光地6選

まずご紹介するのは、京都でもメイン観光地である祇園・東山エリアです。祇園・東山エリアは神社仏閣も多く、タイムスリップしたかのように古都・京都が楽しめます。ここでは祇園・東山エリアの中でも、着物で散策するのにおすすめな6つの観光地をピックアップしています。

①祇園白川


京都の町中を流れる川「白川」と、風情ある町並みが楽しめるのが祇園白川。その町並みは、伝統的建造物郡保存地区にも指定されているほどです。古都の風情がそのまま味わえる祇園白川は、着物で散策するにはぴったりの場所です。
また祇園白川の中でも特に有名なのが、白川に架かる朱色の柵と柳に囲まれた「巽橋(たつみばし)」。ドラマ撮影などでもよく使用されており、趣ある写真が撮れることで人気のスポットとなっています。
他にも夜桜が有名な場所でもあるため、桜の時期におすすめのスポットでもあります。もちろん巽橋だけでなく、どの場所を切り取ってもフォトジェニックです。
②八坂神社
祇園を代表する観光地といえば、八坂神社です。大通りに面した位置に参道正門(西楼門)があり、正門からすでにフォトスポットとなっています。もちろん境内にもフォトスポットがたくさんあるため、着物散策の際にはぜひ訪れて思い出の写真を撮っていただきたい観光地です。
また境内の中には美の女神が祀られている「美御前社」もあり、美しくなりたい女性の願いを叶えてくれると人気のパワースポットにもなっています。

③八坂庚申堂


八坂庚申堂は、八坂神社からすぐ近くにあるSNSでも話題のスポットです。小さなお寺ですが、境内のには「くくり猿」と呼ばれるカラフルな願掛けがあり、そこで撮る写真はSNS映え間違いありません。人気観光地である「八坂の塔」にも近いため、ぜひ訪れてみてください。

④八坂通り

八坂庚申堂の目の前にある八坂通りは、京都の風情ある風景を散策しながら楽しめます。緩やかな坂道の先には五重塔「八坂の塔」が見え、趣深い風景となっています。着物を着て歩くだけではんなり気分が楽しめると、人気のスポットです。また八坂の塔が入る様に下アングルから写真を撮ることで、京都らしい記念写真が収められます。

⑤花見小路

花見小路は、四条通りから南に続く祇園のメインストリート。お茶屋さんや料亭が立ち並んでおり、舞妓さんや芸妓さんも歩いている「ザ・京都」の町並みが味わえるスポットです。
格式の高いお店が多いイメージですが、気軽に入れるカフェや居酒屋も多いため、食事やお茶を兼ねて散策するのもおすすめです。夕暮れからは特に趣ある町並みとなるため、ぜひ散策してみてください。

⑥清水寺

清水寺といえば、京都では欠かせない代表的な観光地の1つ。中でも「清水の舞台」は、京都の市街が見下ろせる圧巻のスポットです。特に桜と紅葉の季節は、いつも以上の絶景が広がります。春・夏・秋は夜間のライトアップがあるため、あえて夜に訪れるのもおすすめです。
また境内にはいくつものスポットがあり、ご利益のある「音羽の滝」やスピリチュアル体験ができると言われる「随求堂」などさまざま。さらに清水寺につながる参道は土産屋や飲食店も多く、歩いているだけでワクワクします。清水寺を見ながらの参道散策も、着物を着ていることで特別な気分が味わえます。

着物を着て行くことができる【嵐山エリア】の観光地3選

祇園エリアと同様に、高い人気を誇るのが嵐山エリアです。雄大な自然に囲まれている嵐山は、着物との相性も抜群。お天気が良い日の着物散策には、嵐山エリアの観光地が欠かせません。ここでは着物を着ていくのにおすすめの、嵐山エリアの観光地3選をご紹介します。

①竹林の小径


言わずとも知れた嵐山を代表する観光地に、竹林の小径があります。数万本の竹があたりを囲むその光景は、言葉では言い合せないほどの壮大さです。竹の間からの木漏れ日はより美しい光景を生み出し、着物散策を特別なものにしてくれます。
夏でも暑い日光を遮ってくれるため、着物を着ていても快適に散策することが可能です。さらに風が吹くことで聞こえる竹の葉の擦れる音は、夏ならではの涼が感じられます。
また着物と相性がぴったりの観光用人力車でも、竹林巡りができます。人力車の車夫さんたちはフォトスポットもたくさん知っているため、竹林ならではの美しい写真も撮影してくれます。自然を楽しみつつ、夏は涼を感じながら着物散策をしたい場合には、ぜひ竹林の小径に訪れてみてはいかがでしょうか。

②渡月橋

嵐山の象徴といえば、桂川に架かる渡月橋です。雄大な木々をバックにした全長155mの橋からみる絶景は、着物散策の気分を盛り上げること間違いなし。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、そして冬は雪化粧の景色と、どの時期に訪れても美しい景色が楽しめます。
渡月橋からも景色を楽しむのはもちろん、川沿いにある嵐山公園でゆっくりと過ごすのもおすすめです。また渡月橋の手前にはお土産屋や飲食店も多くあるため、飽きることなく散策できます。

③天龍寺

天龍寺は竹林の小径のすぐ近くにある、世界遺産にも登録されている観光地です。秋は紅葉が楽しめるスポットでもあり、多くの観光客で賑わっています。境内には趣ある歴史的建造物がたくさんありますが、中でも見どころなのは中心に位置する曹源池庭園です。
数ある日本庭園のなかでも高い評価を得ており、大きな池には嵐山の景色が反射して映っています。境内の建物に入ることもでき、休憩がてら美しい庭園の景色が堪能できます。

着物を着て行くことができる【岡崎エリア】の観光地3選

最後にご紹介するのは、京都駅からも比較的アクセスの良い岡崎エリアです。これまでご紹介してきた王道の観光地と趣向を変えてみたいという方は、ぜひ岡崎エリアで着物散策してみてください。

①南禅寺


南禅寺は名庭や文化財など見どころも多く、春の桜や夏の青紅葉、秋の紅葉が楽しめるとしてどのシーズンでも人気の観光地。中でも人気のスポットは、ノスタルジックなレンガ造りのアーチ橋「水路閣」です。
京都の近代化の象徴ともなるモニュメントであり、歴史的な寺院と同じ敷地内にあることに趣を感じます。レンガ壁と着物の相性が映え、着物を着た観光客で賑わうスポットです。着物でSNS映えする写真を撮りたい場合には、ぜひ南禅寺を訪れてみてはいかがでしょうか。

②平安神宮

平安神宮は、高さ24mもある朱色の大きな鳥居が特徴の観光地。平安遷都1100年を記念して創建されただけあり、平安時代を彷彿させる雰囲気が着物とマッチします。境内にある日本庭園「平安神宮苑」は、季節ごとに美しい花木が楽しめます。

③岡崎神社

別名「うさぎ神社」としても有名なのが、岡崎神社です。野うさぎの生息地であったことから、うさぎが氏神様の使いとして伝えられており、境内には至るところにうさぎ関連のものがあります。
中でも「うさぎみくじ」が奉納されている場所は、たくさんのうさぎが並んでいるフォトジェニックな空間となっています。かわいらしいたくさんのうさぎを背景に、ぜひ着物で写真を撮ってみてください。

まとめ

今回は着物を着て行くことができる、京都のおすすめ観光地をエリア別にご紹介しました。今回ピックアップした観光地以外にも、京都にはたくさんのおすすめ観光地があります。趣が感じられるスポットの多い京都は、着物での観光地巡りがおすすめです。ぜひ今回ご紹介した観光地を参考に、着物散策を楽しんでください。
またレンタルきもの岡本では、豊富な仕立ての着物を取り揃えています。そのためその日の気分や、観光地に合わせて、お好みの着物が選べます。主要観光地から近い場所に店舗を構えているため、京都で着物散策する際にはぜひご活用ください。

清水寺まで徒歩1分の「本店」の詳細はこちら
清水寺参道沿いの「清水寺店」の詳細はこちら
八坂庚申堂すぐの「八坂の塔前店」の詳細はこちら
高台寺徒歩1分!祇園・八坂神社徒歩3分の「祇園店」の詳細はこちら
八坂神社のすぐ隣の「八坂神社店」の詳細はこちら
清水道バスを降りてすぐの「清水東山店」の詳細はこちら
JR京都駅から1駅の「京都駅西店」の詳細はこちら

RELATED
  • 着物|2020.01.13

    夏の着物と冬の着物の違いは何?~冬におす...

  • 着物|2020.08.20

    暑い夏でも着物は楽しめる!着慣れた人から...

  • 着物|2021.01.26

    二十四節気で楽しむ着物~立春の着物~...

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930